自然の癒しに感動!ウッドデッキは専門業者に依頼

搬入費とゴミ処理費用

作業員

ゴミは自分で処理する

エクステリアの費用は、単にエクステリアの商品カタログに載っている商品の値段だけではありません。大阪のエクステリアのコストは、商品の値段や業者の日当、搬入費などが含まれています。さらにゴミ処理料やその他の費用という構造になっており、その他の中にはデザイン料、広告宣伝費などが含まれています。日当は一人当たり全国平均で1日およそ2〜3万円がだいたいの目安です。分かりにくいのは搬入費で、例えば狭い袋小路の家の大規模な工事では、トラックが入れないため人の手で材料や残土を運ぶことになります。そのため手間も時間もかかりコストが余計にかさむことになります。このようなことは商品カタログを見ているだけではわかりません。業者に現地を見てもらい、条件や要望をすり合わせた上で見積書という形で初めて分かるのです。そこで、見積書が重要になります。また、搬入費が問題にならない場合でもゴミ処理費用が問題になります。エクステリア施行現場で出る端材・梱包材などはすべて産業廃棄物です。大阪の業者はこれをゴミ処理現場へ運び有料で処分します。そのゴミ処理費用は当然施工主へ請求されます。大阪ではゴミは施工主が可燃ゴミや不燃ゴミとして無料で処理できます。例えば、大阪で植木の手入れを頼んだ場合、切った枝葉は施工主でも可燃ごみとして処理できます。しかし、業者がゴミ処理場へ運んで産業廃棄物として処理すれば、費用がかかり請求額に加算されます。このことを頭に入れておいてください。