自然の癒しに感動!ウッドデッキは専門業者に依頼

美観と防犯効果

エクステリアは建物の美観を向上させるだけでなく防犯効果を高めることもできます。エクステリア工事の1つであるセミクローズド外構は美観と防犯効果を併せ持っており、横浜ではセミクローズド外構を選ぶ家庭が増えています。

アウトドアリビングを実現

ウッドデッキ

特徴と依頼するポイント

ウッドデッキとは地面の上に、床の高さに合わせて作った木製の甲板(デッキ)のことです。たいていリビングから庭に面した場所に設置されているので、最近流行のアウトドアリビングを楽しむ場になっています。他にも洗濯物を干す家事の場や、子どもの遊び場など、その家族のスタイルに合わせて利用されています。屋根がなく雨ざらしなので、耐候性などに優れた天然木か、樹脂を注入した特殊加工木材が使用されていることが多いです。ウッドデッキで家族の憩いの場を広げようと思ったら、まずウッドデッキを施工している業者を探すことになります。しかしウッドデッキは広さ、木材の種類などで価格が大きく変わるので、高いのか安いのか判断が難しいのです。そこで業者を選ぶ際には、見積もり段階で木材の名前が明記されているのかチェックしましょう。木材の価格が妥当かどうかくらいは、調べればわかります。また、本体価格の他には組み立て費など細かい項目がかかります。既存のウッドデッキを撤去して設置する場合は、既存撤去費もかかりますし、業者によっては運搬費や仮設費、雑工事費などを見積もりに入れてくることもあります。これらの費用で大幅にトータルの費用が変わってくるので、納得のいかない項目や金額については業者に説明を求めましょう。一般的なウッドデッキは25万円くらいから40万円代が相場ですが、木材の種類やサイズ、フェンスなどのオプションで変わってきます。安さだけにとらわれず、その家族に合ったウッドデッキを選ぶことが大切です。

搬入費とゴミ処理費用

大阪でエクステリアを実施した場合、カタログの商品代だけでなく、業者の日当や搬入費などが含まれています。実際に工事をしてもらう前に業者に現地を見てもらい、見積書を出してもらいましょう。また搬入費の代わりにゴミ処理費用が必要になることもあります。

見た目や調和も大事

千葉エリアのエクステリア工事は、庭に砂利を敷くだけの簡単なものから、カーポートを導入して設置したり、大掛かりなものまで様々です。業者へ工事を依頼するのはもちろん、個人では、緑などの植栽も手軽に行え、手順に従うだけでリーズナブルに手がけることもできます。